RACDA高岡の考え

朝日富山版コラム 島会長


当会の島会長が, 朝日新聞 富山版 の月曜に掲載のコラム 「朝をひらく」(旧・随想とやまの目) の7名の執筆者の一人として公共交通などの話題を取り上げています. 以下に,同紙 WWW 版に掲載のリンクを記します. 古い記事はリンク先が途切れていると思いますが,ご容赦下さい.

2011/08/01: 北陸新幹線開業 在来線の構想見えず   【終】
2011/05/03: 鉄道機能マヒ 利用しない人も影響
2011/01/24: 万葉線 情報を生活にたぐる
2010/11/08: コミュニティーバス あるべき姿、高岡でも
2010/05/24: 買い物難民 「人らしさ」の視点を
2010/01/18: 森林 地元の木、使ってこそ
2009/10/19: 交通環境大賞 総括の意味込め応募
2009/07/06: 万葉線延伸 まず地域づくり議論を
2009/05/22: 活力、顔が見えてこそ 「お店」という拠点
2009/03/02: 地方鉄道 ぶらり旅、魅力将来も
2009/01/12: 城端線 手遅れの前に蘇生を
2008/10/27: 鉄道 生活の「絆」生かそう
2008/08/18: 万葉線体験 夏休み「ひととき」演出
2008/05/19: 在来線の再生 まちに活力生む装置
2007/12/25: 県内特産品 「名品」地元で食したい
2007/11/05: まち歩き 戸出を巡り宝物探そう
2007/09/17: 県民の誇れる物 第3位 自己申告いかが
2007/07/09: ボランティア 新たな「公」の仕組みに
2007/05/14: 公共交通整備 車依存脱却し街活性化
2007/03/05: 暖冬と市街地衰退 車依存やめ快適なまちを
2007/01/15: 万葉線 地域で支え人ふれあい
2006/11/06: 飛越能交流プラン 暮らしこそが街の魅力
2006/08/29: ガソリン価格高騰 車控えれば環境改善に
2006/06/26: 公共サービス 対価を負担し支えては
2006/05/08: LRT まず乗って良さ感じて
(11/08/01 KG小林)

--

| | コメント (0)

公共交通を活かした震災復興への緊急アピール


このたびの東日本大震災の復興に関して, 全国路面電車ネットワーク事務局が中心となり, 公共交通に関わる市民団体などRACDA高岡を含む74の団体が, 次の緊急アピールを5月16日付で発表しました. 要望書は,国政を担う各政党の担当者にも届けられました.

NPO共同声明: 公共の交通を活かした震災復興
への緊急アピール
全国路面電車ネットワーク

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で亡くなられたかたがたに哀悼の意を表するとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  • われわれはこれまで 人と環境にやさしい交通やまちの実現 を目指して、市民活動 を続けてまいりましたが、震災復興についてもこうした理念・活動の重要性を認識しております。
  • このまま 被災地の鉄道やバスの復興が遅れ、まちの復興にあたっても 住宅や公共施設が公共交通から離れて無秩序に建設 されてしまうと、被災を受けた方々や新たな生活を始めようとされている方々が 自動車でしか移動できない状況 となり、生活の負担が重く なってしまいます。自動車を利用できない方は、新たなまちにおいても社会参加ができません。地域全体としても、限られたエネルギーを必要以上に消費することになり、CO2 の排出などによる 環境負荷も増加 してしまいます。
  • そこで、われわれは 「公共の交通」注1) を活かした震災復興を目指して募金活動・利用促進 等を進めて参りますが、国や地方自治体、関係各所におかれましても、公共交通・特に莫大な資金を必要とし 単独で復興の難しいローカル鉄道注2) に対する早急な復興支援策 の実施、今後の 地域復興にあたっては土地利用と施設配置を「公共の交通」の整備と一体的に進めるよう 要請したいと思います。
なお、要請の具体的な方策と理由は以下のとおりです。
  1. 地方のローカル鉄道に対して適切な支援策を実施
    地方のローカル鉄道は人々の足となっており、エネルギー効率や環境効率の良い輸送機関として、ますますその役割が重要になっているにもかかわらず、施設整備や運営、復興財源に関して公的な支援策が乏しく、莫大な資金を単独で賄うことが難しい状況にあります。被災地の自治体も負担が重い状況にあるため、災害復旧補助の国負担分の補助率割増、自己負担分に対する特別支援金の支給や無利子融資等の支援策を求めます。
  2. 鉄道・バスの支援に特化した義援金の創設
    道路・公共施設等の復興に関しては既存の財源や復興予算等が配分されようとしていますが、民間の事業者が運営する鉄道、路線バス等へは支援が行き渡らないおそれがあります。ふるさと納税制度を活用するなど、われわれが集めた義援金を鉄道等の復興に充てられる制度の創設を求めます。
  3. 「公共の交通」を活かした復興・まちづくりの推進
    復興にあたっては、既存の鉄道駅やバス停と近接した地区に住宅や公共施設・病院・商業施設等を整備し、それが困難な場所に建設が必要となる場合は公共交通と一体的に整備されることを望みます。鉄道やバス等の整備にあたっては、地域住民も参画した計画・運営を行うことで、自動車に頼らなくても生活でき、人と環境負荷にやさしい「公共の交通」を活かしたまちづくりが進められることを望みます。
我々は「人と環境にやさしい社会」の実現に向けて、地方自治体および国の政策に対して積極的に議論に参加し、情報発信や公共交通の利用促進に努めていきます。
注1)   「公共の交通」は鉄道やバスなどの交通機関を指すだけではなく、徒歩、自転車、公共性を重視した役割が明確となっている自動車(タクシー・物流のトラック等)や道路(歩行者・自転車専用道等)を含めて計画・整備された総合的なものを意味する。
注2)   被災の甚大なローカル鉄道:三陸鉄道、仙台空港鉄道、阿武隈急行、ひたちなか海浜鉄道、鹿島臨海鉄道 
(11/05/18 KG小林)

--

| | コメント (0)

朝日富山版コラム 島会長

RACDA高岡の島会長が, 朝日新聞・富山版 の月曜に掲載のコラム「朝をひらく とやまの目」(旧・随想とやまの目) の8名の執筆者の一人として公共交通などの話題を取り上げています. 以下に,同紙 WWW に掲載のリンクを記します. 古い記事はリンク先が途切れていると思いますが,ご容赦下さい.

2010/05/24: 買い物難民 「人らしさ」の視点を
2010/01/18: 森林 地元の木、使ってこそ
2009/10/19: 交通環境大賞 総括の意味込め応募
2009/07/06: 万葉線延伸 まず地域づくり議論を
2009/05/22: 活力、顔が見えてこそ 「お店」という拠点
2009/03/02: 地方鉄道 ぶらり旅、魅力将来も
2009/01/12: 城端線 手遅れの前に蘇生を
2008/10/27: 鉄道 生活の「絆」生かそう
2008/08/18: 万葉線体験 夏休み「ひととき」演出
2008/05/19: 在来線の再生 まちに活力生む装置
2007/12/25: 県内特産品 「名品」地元で食したい
2007/11/05: まち歩き 戸出を巡り宝物探そう
2007/09/17: 県民の誇れる物 第3位 自己申告いかが
2007/07/09: ボランティア 新たな「公」の仕組みに
2007/05/14: 公共交通整備 車依存脱却し街活性化
2007/03/05: 暖冬と市街地衰退 車依存やめ快適なまちを
2007/01/15: 万葉線 地域で支え人ふれあい
2006/11/06: 飛越能交流プラン 暮らしこそが街の魅力
2006/08/29: ガソリン価格高騰 車控えれば環境改善に
2006/06/26: 公共サービス 対価を負担し支えては
2006/05/08: LRT まず乗って良さ感じて
(10/05/27 KG小林)

--

| | コメント (0)

公共の交通への緊急アピール




12/04(金) 夕刻,当 RACDA高岡も加盟する「全国路面電車ネットワーク」が, 次のアピールを発表し,声明文が国土交通省の三日月政務官に手渡されました. 従来から「人が まん中 まちづくり」を目指して活動を続けてきましたが, 声明文に書かれている地方の公共交通の厳しさは, まさに実感に即したものと言えます. この趣旨をご理解の上,今後の まちづくり にお力をお貸しください.

2009(平成21)年12月4日

公共の交通への緊急アピール
NGO共同声明

全国路面電車ネットワーク
  • 新政権ができて2カ月余り、我々も切望していた国民の移動の権利を明記した 「交通基本法」制定の動き地球温暖化対策の大胆な数値目標の設定 など、 公共交通を福祉の一部と考える発想が出てきたとも思えます。
  • しかし一方で、高速道路の無料化やガソリンの暫定税率の撤廃によって、 地方の公共交通は大打撃を受ける ことが確実になってきました。 (料金1000円でも影響多大)
  • さらに今回の事業仕分では、情報公開等の手法は一定の評価ができるものの、 地方の公共交通については拙速な検討になっており、 やっと存続している 地方の公共交通を存続困難に追い込む ものです。
  • これからは電車・バスなどの「公共交通」を論じるだけでなく、 自動車や道路、自転車を含めた「公共の交通」を論じることが必要 です。 そこで我々はこの際、交通基本法制定と様々な対策をセットで導入し、 真に人と環境にやさしい交通の実現を要望したいと思います。
なお、この要請は以下の理由によります。
  1. 日本で発生する温暖化ガスの25%の削減のための公共交通の拡充には、 個別事業の独立採算の範囲を超えて、国と地方が一体となって取り組む必要があり、 このためには国民の移動の権利を明記した 「交通基本法」の制定が不可欠 であること。
  2. 日常生活を送るうえで高齢者でも自家用乗用車に頼らざるを得ない人、 自動車の運転ができず公共交通が必要な層が拡大しています。 ライフラインとしての住民の足の確保が死活問題であり、 地域の全交通事業者が参加する 公共交通連合を構築して、公的資金による体系的な交通のシステム造りが必要 であること。
  3. 現在、民主党がマニュフェストで掲げている高速道路無料化は、 公共交通そのものの衰退を招くとの危惧を持つ人が多いことも事実です。 「交通基本法」との関係では、高速道路料金をロードプライシングのツール として使って交通インフラを整備する という方法がベターではないかと考えます。
  4. 公共交通政策と道路政策、自動車政策をセットで行える「公共の交通」 政策ミックスの確立と財源の確保 (交通関連、福祉関連財源の再配分や環境対策との融合など) が必要であること。 公共交通の利用促進と土地利用の集約化によって、 渋滞削減や地方財政の効率化、環境負荷の削減を図ります。

我々は「人と環境にやさしい社会」の実現に向けて、 地方自治体および国の政策に対して積極的に議論に参加し、 情報発信や公共交通の利用促進に努めていきます。



関連資料 (PDF 279kB)

アピールに賛同の団体のリスト
★全国・路面電車ネットワーク
〔a.北海道・東北地域〕
札幌  LRTさっぽろ
札幌  札幌LRTの会
函館  函館のチンチン電車をはしらせよう会
仙台  仙台高速市電研究会
〔b.関東・京浜地域〕
埼玉  さいたま市の環境と公共交通システム研究会
宇都宮 雷都レールとちぎ
東京  NPO法人 全国鉄道利用者会議
東京  持続可能社会研究会
東京  日本路面電車同好会
東京  (株)ライトレール
東京  世田谷線サポーターズクラブ
東京  池袋の路面電車とまちづくりの会
東京  台東まちづくりハートタウンクラブ
横浜  NPO法人 エコエネ交通システム推進協会
横浜  横浜にLRTを走らせる会
川崎  交通ビジネス研究会
町田  町田市公共交通まちづくり推進市民協議会
町田  まちだ路面電車の会
〔c.北陸・中部地域〕
金沢  明日の金沢の交通を考える市民会議
金沢  金沢の都市と交通を考える会
石川  ヘリテージ・オブ・レイル北陸
高岡  路面電車と都市の未来を考える会・高岡(RACDA高岡)
福井  Rail-Consensus 地域鉄道問題研究所
静岡  静岡にもLRTを走らせる会
静岡  LRTで結ぶ会
浜松  浜松都市環境フォーラム
豊橋  とよはし市電を愛する会
三重  ASITA(北勢線とまち育みを考える会)
〔d.関西・中四国・九州地域〕
京都  京のアジェンダ21フォーラム
京都  都市創生交通ネットワーク@関西(KOALA)
枚方  枚方・LRT推進会
岡山  路面電車と都市の未来を考える会(RACDA)
高知  土佐電鉄の電車とまちを愛する会
広島  路面電車を考える会
広島  路面電車を考える館
高松  「ぐるっと高松」公共交通を育てる会
長崎  長崎路面電車の会
長崎  長崎交通まちづくり研究会
 
★未加盟のアピール賛同団体
日立  ひたち未来研究会
栃木  とちの環県民会議
埼玉  NPO法人さいたま都市まちづくり協議会
東京  環境NGO エコ・クリエーターズ・クラブ
東京  都電網研究会
東京  練馬まちづくりの会
東京  くるま社会を問い直す会
東京  環境・持続社会研究センター
川崎  環境市民
川崎  持続可能な地域交通を考える会
神奈川 NPO法人環境ファミリー葉山
新潟  新潟の新公共交通をつくる市民の会
新潟  にいがた環境交通研究会
富山  公共交通とやま市民応援団
高岡  万葉線を愛する会
金沢  金沢・LRTと暮らしを考える会
岐阜  関に電車を望む会
滋賀  「地球に謙虚に運動」
京都  NPO法人 KIESS環境共生社会システム研究所
大阪  (財)公害地域再生センター(あおぞら財団)
大阪  道路環境市民塾
和歌山 わかやまの交通まちづくりを進める会
松江  NPO法人プロジェクトゆうあい
高松  まちづくり研究会
熊本  熊本都市交通会議

全国・路面電車ネットワーク 事務局
 (連絡先)E-mail: sev@mb.infoweb.ne.jp
 (ご案内)ホームページ: http://www.areev.org
 TEL :045-481-6069 FAX :045-481-8718
 〒221-0865 横浜市神奈川区片倉1-17-24-106
 (問合せ)運営委員長 岡將男(岡山・RACDA会長)
■2003年、人と環境にやさしいLRTなどの公共交通整備を目指して結成。 ■ネットワークメンバーは、地方鉄道存続やバスマップ製作など各地で 連携して活動。和歌山電鉄など存続に成功。 ■2004年設立の国会・LRT推進議員連盟(現・新交通システム推進議連) と連携し、「LRT法」を研究、「地域公共交通活性化再生法」制定につながる。 ■2006年からは「人と環境にやさしい交通を考える全国大会」 の開催を主体的に推進、宇都宮、京都、横浜と実施し、2009年12月5日東京大学で開催。 ■2009年4月からは「交通基本法」の研究会を実施。


(09/12/04,05 KG小林)

--

| | コメント (0)

飛越能LRT構想

以前から,獅子舞競演会などのイベントで掲示したポスターです. 北陸中日新聞や朝日新聞富山版でも取り上げられたことがありました.

基本的なアイディアは変わっていませんが, 北陸新幹線・新高岡駅の開業が迫る中, 高岡駅を介した乗り換え・乗り入れについて, 利便性を高め工費・維持費が安く抑えられる案を,より具体的に検討中です. 興味をお持ちの方は,ぜひ定例会においで下さい.

poster0705a
poster0705b
(09/08/12 KG小林)

--

| | コメント (0)

朝日新聞・富山版の記事

朝日新聞・富山版の連載記事で,新幹線並行在来線の問題が取り上げられています.RACDA高岡にも取材があり,今年の軽快都市宣言でお披露目した「未来図」も掲載されました (第3回).ご感想・ご意見など,お寄せ下さい.

●まだ7年 もう7年 新幹線、富山へ
(1) 県、建設費負担2000億円 (2008/06/07)
    経済効果に疑問の声 軽減策実現「難しい」
(2) 並行在来線 各地で苦戦 (2008/06/08)
    先進の長野も「大変」 経費切りつめに懸命
(3) 公共交通「再生」の動き (2008/06/11)
    「枝線」の一体化など住民の視点から一石
(4) 公共交通「再生」の動き (2008/06/12)
   「3駅」新たな街づくり 人口や企業流出懸念
(5) 「羽田便」存続の危機も (2008/06/13)
   県は路線支援視野に 国際便活性化にも力  (終)

Ractamacocolog_080612a1 Ractamacocolog_080612a2
氷見線・雨晴「未来図」 城端線・新高岡「未来図」
(08/06/13 KG小林)

_

| | コメント (0)

万葉線検討委の提言

万葉線三セク5年の検討について,朝日・富山版の紙面に掲載されていました. WWW 版には出ていないので,要約を示します. 他紙(北日本・富山・北陸中日・読売)の WWW 版にも掲載はありませんでした. なかなかに心強い内容だと思います. 検討委員の顔ぶれとか,報告書の詳細とかを知りたいところです.



万葉線,三セク5年で検討委提言
ICカード導入や新幹線の接続対策

朝日新聞・富山版 (2008/03/28 金)

【記事の要約】
 三セク化後5年の路面電車「万葉線」について,3/27(木),万葉線(株)・市民代表・大学教授らによる「万葉線ステップアップ検討委員会」(委員長=渡辺康洋・富大芸術文化学部教授)が,改善策などを報告書にまとめた.少子化など乗客減の要因を指摘し,他の交通手段との連携強化・集客拡大などを重視し,ICカードの導入,買い物乗車券の拡大などの利便性の向上を提言.他交通との連携として,JR高岡駅舎内への延伸,新幹線新駅までのJR城端線との接続向上,その際の城端線の電化またはバッテリートラム導入を提案.バス路線を含めた米島口のターミナル機能強化,将来完成の新湊大橋下への延伸,パーク・アンド・ライド整備の検討も促している.

(KG小林)


| | コメント (0)

北陸中日新聞 連載 (2007/03-05)

北陸中日新聞の「NPO通信」のコーナーに,8回シリーズで連載記事を掲載しました.内容は,以下のリンク先をご覧下さい.

  1. きっかけは万葉線存廃問題(2007年3月13日)
  2. 新幹線軸に鉄道網を(2007年3月20日)
  3. 交流つなぐ万葉線(2007年3月27日)
  4. 『乗り入れ自由』実現を(2007年4月3日)
  5. 電車体験で公共性学ぶ(2007年4月10日)
  6. 『だら』になって楽しんで(2007年4月17日)
  7. 雁木の抱く優しいまち(2007年4月24日)
  8. 万葉線は市民協働の成功例(2007年5月1日)

|

新しい城端線・氷見線の使い方

こちらではRACDA高岡が考えるまちづくりについて情報発信していきます。

(注)転載・再配布などはご遠慮下さい。

|