« こみちブルールート調査報告会 | トップページ | 設立15周年 総会・講演会 »

フォーラム LRTを富山大へ!!


全国ニュース級の降雪量を記録した 2012年02月17日(金) の 13:30~17:00 に, 富山大学・五福キャンパスの黒田講堂1階会議室にて, 公共交通と地域生活を考えるフォーラム「LRTを富山大へ!!」 が富山大学地域生活学研究会の主催で開かれました. 出席は約100名.TV・新聞の取材もありました.

開会の挨拶が遠藤俊郎学長からあり,LRT延伸の意義を話されたようです (筆者は大雪で遅刻しほとんど聞き逃しました). 当会顧問の武山良三氏(芸術文化学部教授・学長特別補佐)から, 路面電車の延伸計画の概要と,大学とまちづくりの関係について説明がありました. 引き続きゲストのお二人から講演がありました. まず,当会が設立時から深くお世話になっている 岡將男氏 (NPO法人公共の交通ラクダ(RACDA)理事長) が 「クリーンモバイル都市・富山をつくるLRT」と題し, 岡山での事例や,市民のまちづくりネットワークとの連携の実績も交え, LRTの意義について熱く語りました. 次に,昨年4月に国交省 都市・地域整備局の都市総合事業推進室長から 富山市副市長に就任した神田昌幸氏が, 「LRTが牽引する『環境未来都市富山』について」と題し, 国の公的支援の枠組みの適用事例など普段あまり聞けない話をまじえつつ, 近い将来に至る富山市のLRT化構想を語りました.

休憩をはさんで討論会があり, 岡氏・神田氏と総曲輪に開設の「まちなか研究室」に参加の学生2名をパネラーに, 武山氏が進行役を務めました. 所用で最後まで聞けなかったのですが, 時間の都合からか,少し盛り上がりに欠けるように思いました. 第2弾の開催に期待します.

120217_toyamauniv1.jpg
神田副市長と岡RACDA理事長
120217_toyamauniv2.jpg
会場内の様子
(12/02/18 KG小林)

--

|

« こみちブルールート調査報告会 | トップページ | 設立15周年 総会・講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こみちブルールート調査報告会 | トップページ | 設立15周年 総会・講演会 »