« おでん電車・NHK金とくロケ | トップページ | いまこそ住民の底力! »

公共交通先進地 視察・研修旅行 (中部地方鉄道サミットほか)


2011年11月12日(土)~13日(日),会員約十名が参加し, 三重県の桑名市・四日市市方面に研修旅行に向かい,市民交流事業を実施しました. 旅程は以下の通りです.

11/12  7:10 高岡駅改札前 集合
  高岡 7:22―(しらさぎ4号&快速)→11:26 桑名
  第11回 中部地方鉄道サミットon北勢線 参加
  三交イン桑名駅前 泊
11/13 10:00 生活バス よっかいち (四日市市)
  11:00 コミュニティレストラン にじいろ堂 (四日市市)
  14:20 スタバス (桑名市)
  近鉄弥富 15:48―(近鉄&しらさぎ13号)→21:19 高岡
筆者は仕事の都合でドタキャンしたため (関係各位にご迷惑をおかけしました _o_), 参加できませんでした. 参加した大井副会長からの記事と写真を,以下に示します.


第10回 中部地区地方鉄道サミットon北勢線 」は、前身の中部路面電車サミットから11回目を迎え、 路面電車の垣根をはらい、地方鉄道の支援組織も加わることになった。 次回開催地は検討中。 和歌山の貴志川線を経営する両備グループの小嶋CEOの基調講演が、 強く印象に残った。 公共交通を活性化することはできないので まちづくりのツールのひとつとして位置づけることが重要、 多数決で決めると費用対効果の議論では勝ち目がない、ということである。 公共性とは量が支配する経済の世界ではなく、 質が支配する世界であることを訓(おし)えられた。 主催者側のASITA成田会長、安藤軽便鉄道館長はともに元気はつらつ、 懇親会でも気炎があがっていた。

kuwanasummit_111112to1z.jpg
パネルディスカッション
kuwanasummit_111112to2z.jpg
懇親会
kuwanasummit_111112to3z.jpg
桑名駅前で記念写真
kuwanasummit_111113to1z.jpg
「生活バスよっかいち」
の活動について伺う
(11/11/15,19 KG小林)

--

|

« おでん電車・NHK金とくロケ | トップページ | いまこそ住民の底力! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おでん電車・NHK金とくロケ | トップページ | いまこそ住民の底力! »