« ようこそRACDA高岡へ | トップページ | 京大・低炭素都市圏政策ユニット 富山視察研修 »

小勢バス 聞き取り調査


2010/11/28(日) 氷雨 10:00~11:30.高岡市の南西部の小勢公民館で, RACDA高岡5名,利用者を含め小勢の方々9名が出席し, 地区住民が運営する「小勢バス」について聞き取り調査を行ないました.

この地区は旧小勢村にあたり, 戸出と福岡のほぼ中間に位置し,最寄り駅は北に約 2km 離れた西高岡駅で, 交通事業者のバス路線も通らない田園地帯です. 住民の自家用車への依存度が高く,若年人口の減少で通学需要も低いなか, 車に頼れない地区住民のためのバスを運行を始めました. 住民への運行の周知方法や,利用率や財政面など運営の問題点について, お話を伺いました. 各世帯からの会費と市からの補助で運営してるとのことですが, 今後補助金の削減が懸念され,何らかの備えが必要との考えで一致しました.

年明けにも,小勢地区の方々と再び話をする機会を設ける予定です.

101128_oze1
小勢公民館と小勢バス
101128_oze2
島会長
101128_oze3
話し合いの様子
101128_oze4
(公民館の集会室)
(10/11/28 KG小林)

--

|

« ようこそRACDA高岡へ | トップページ | 京大・低炭素都市圏政策ユニット 富山視察研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようこそRACDA高岡へ | トップページ | 京大・低炭素都市圏政策ユニット 富山視察研修 »