« 視察交流旅行 (丹波篠山・神戸) の報告 | トップページ | 富山市電環状化 開通式レポート »

祝富山市電環状線開業 セントラム(CENTRAM)登場




報告・松原光也 幹事

 2009年12月23日、心待ちにしていた富山市内電車の環状線が開業しました (写真 a, b)。短期間での準備に心配されていた工事も順調に進みました。 2006年4月にポートラムが開業して以来、富山の次はどこでライトレールが開 業するかと楽しみにしていたが、結局、富山の次は富山でした。環状線は丸の 内交差点から西町交差点までの約940mに軌道を新設し、既存の市内線と結んで 循環運転されます。1周は3.4kmを約20分で反時計回りに走り、日中は10分間 隔、早朝と夜間は20分間隔で運転されます。料金は200円均一で、環状線と市 内線との乗換えの際には乗継券が発行されるため、追加料金は不要です。  環状線は建設費約22億円、車両3編成で約8億円の計約30億円(市約17億円、 国約13億円)で、富山市が施設整備(下)、富山地方鉄道が運行(上)を行う 上下分離方式(公設民営型)で運営されます。軌道の上下分離方式は富山市が 全国初となります。環状線を走る車両の愛称は「セントラム」で、ホワイト、 シルバー、ブラックの3色の車両が走ります。富山ライトレールとの対比でモ ノトーン(無彩色)が採用され、富山らしさの「自然・風土」、「未来」、 「歴史・伝統」が表現されています。それぞれ、ホワイトは「高貴・清楚」、 シルバーは「先進性・モダン」、ブラックは「品格・重厚」というイメージを 表しているそうです。

centram_091223a
a: 富山市内環状線路線図(パンフレットより)
centram_091223b
b: CENTRAM3色連結?
centram_091223c
c: 発車式でのテープカット

 23日は13時から富山市民プラザで開業式典が行われ、14時から発車式が行わ れました(写真 c)。富山市長、富山県知事、富山地鉄社長らがテープカット 後、セントラムに乗り込みました。一般へは15時から試乗会が行われ、市民に 無料開放されました(写真 d, e)。開始直後は約500人が列に並び、子供たち も笑顔で新しい車両に乗り込んでいました。3色のうち、採用前に物議をかも していた黒が一番人気のようで、高級感が受けているのでしょうか。開業に合 わせ、大手モールは17時まで歩行者天国となり、屋台も出店してトランジット モールのようなにぎわいをみせていました(写真 f)。夕方になると、商店街 の協力で青竹の燈籠に火がともされ、和やかな雰囲気を演出していました (写真 g)。

centram_091223d
d: 試乗会は長蛇の列
centram_091223e
e: 試乗会の車内は市民らで一杯
centram_091223f
f: トランジットモールのようなにぎわいとなる大手モール
centram_091223g
g: 商店街の協力により燈籠でライトアップ

 24日は通常運行が始まり、買物客が富山駅前からグランドプラザまで利用し ていました(写真 h)。2編成が10分間隔で運行し、お互いの位置を連絡し合 っているようですが、どうしても団子運転状態になるようで、13時頃には4分、 16分間隔になっていました。国際会議場前からグランドプラザ前の間でしか時 間調整をすることができないので、一方が富山駅前を出発するまでは、もう一 方はグランドプラザ前を出発しないようにするなどを徹底しないと、いつの間 にか連結運転になってしまうおそれあり!

centram_091223h
h: 総曲輪フェリオの前にできたグランドプラザ前電停
centram_091223i
i: テレビのインタビューに答える森富山市長

 環状線開業にあたって森市長は「交通インフラを先行投資して、まちのにぎ わいにインパクトを与えたい」と仰っていました(写真 i)。富山ライトレー ルの開業と中心市街地活性化事業(住宅助成、総曲輪フェリオ、グランドプラ ザの整備)により、中心部の人口は減少から横ばいへと変化しているようで、 来街者の増加と公共交通の利用増という相乗効果がみられるか期待したいとこ ろです。パリのベリブなどで注目されている都市型レンタサイクル事業や環境 モデル事業も本格化し、交通インフラの整備も北陸新幹線開業後の市内線と富 山ライトレールを富山駅高架下で接続、上滝線のライトレール化、環状線の複 線化などの計画や構想があるそうです。


(09/12/29 転載・KG小林)

--

|

« 視察交流旅行 (丹波篠山・神戸) の報告 | トップページ | 富山市電環状化 開通式レポート »

コメント

もうひとつ気になっている点です。
 グランドプラザ前から近いから不要ということかもしれませんが、西町電停にセントラムが停車しません。距離が近くても、やはり西町は便利な場所ですから、停車したほうがよいでしょう。
現在は北側に南行電停、南側に北行電停がありますが、逆にして北側に北行電停、南側に南行電停に変更して、セントラムも停車できるようにしたほうが良いと思います。そのほうが、右折レーンも確保できます。
 もしくは、総曲輪商店街入口(中央通り)の北側(旧西武百貨店前)に北行のみの電停を新設すると、買物客にも便利かなと思います。セントラムも停車できますし、既存車両の場合も、交差点の両側に電停を設けて、2度停まるのもよいです。この場合はワンブロック隔てて100mほど離れていますが、広島の紙屋町や長崎の西浜町でも行われていて、非常に便利です。

投稿: 松原光也 | 2009/12/29 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 視察交流旅行 (丹波篠山・神戸) の報告 | トップページ | 富山市電環状化 開通式レポート »