« 視察交流旅行 丹波篠山・神戸 | トップページ | 古い電車で新しい語らいの会(松本)と交流会 »

中部路面電車サミットの報告



先日 11/21(土), 第8回 中部地区路面電車サミット 富山大会 を開催しました.

第1部は,富山国際会議場で 14:00 から始まり, 約 50 名の参加者がありました. 富山放送(BBT)・北日本新聞・富山新聞からの取材を受けました. 公共交通とやま市民応援団の奥田健雄代表から開会の挨拶で始まり, 全国鉄道利用者会議の原田貢彰事務局長から地方公共交通の動向に関する 紹介がありました. 第1部に先立つ代表者会議で次回・来年の開催が豊橋に決まっており, とよはし市電を愛する会の鈴木国雄会長からご招待のスピーチがありました. そして,富山市都市整備部路面電車推進室の谷口博司室長から, 「市内電車環状線化事業の概要」と題してスライド28枚に及ぶ講演があり, 熱心な質疑応答が続きましたが,時間超過で打ち切りになりました. 富山県交通政策研究グループ の 山崎正治座長から第1部閉会の挨拶があり, 来年 2010/05/21-22 に富山市で開催予定の全国路面電車サミットについて, 概要が紹介されました.

小雨の中,会場を出て大手モールから西町まで, 環状線化工事を谷口室長の説明を受けながら見学しました. 環状線の開業は来月末 (12/20~27 のいずれかの日程になる公算大) とのことで,路盤・架線が完成しつつある現況を見届けました. 参加者の多くは西町から地鉄の市内電車で富山駅に向かい, JR 北陸線の普通列車で 17:00 に高岡に移動しました.

第2部は,高岡駅北口のDUOビル4階で 17:30 から始まり, 約 30 名の参加者がありました. RACDA高岡の島正範会長の挨拶に続き, 中部サミット構成団体の とよはし市電を愛する会, 福井の ROBAの会, 及び,当会 (RACDA高岡) から活動の報告がありました. 特別報告として,昨年4月,万葉線(株)の次長から,公募で 茨城の ひたちなか海浜鉄道 社長に採用された 吉田千秋氏の講演があり,この1年8ヶ月の苦労や現況や今後など, 熱心な質問への丁寧な回答も含め, たいへん参考になる話を伺うことができました. 引き続き懇親会に移り (参加 約 25 名), 前回開催地の 関に電車を望む会, 三重の ASITA 金沢・LRTと暮らしを考える会, 大阪府の高槻・枚方の方々からの報告などがありました.

091121a
富山国際会議場は環状線の曲がり角にある
091121b
富山会場で挨拶する奥田氏
091121c
富山会場で谷口氏の講演
091121d
環状線化工事の現況を解説する谷口氏
091121h
工事中の大手モール電停
091121e
高岡会場で冊子などを販売するASITAメンバー
091121f
高岡会場の様子
091121g
ひたちなか海浜鉄道・吉田社長の講演
(09/11/23 KG小林)

--

|

« 視察交流旅行 丹波篠山・神戸 | トップページ | 古い電車で新しい語らいの会(松本)と交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 視察交流旅行 丹波篠山・神戸 | トップページ | 古い電車で新しい語らいの会(松本)と交流会 »