« 北陸鉄道石川線 応援ツアー | トップページ | 第12回総会のお知らせ »

北陸鉄道石川線 応援ツアー・報告

北陸鉄道石川線 応援ツアー を企画しましたところ,RACDA高岡から7~8名,井波からも5~6名の参加があり, 2/11(水・祝) に,予定通りJR西金沢駅経由で出かけました. ひとまず,石川線に乗って終点の加賀一の宮駅まで向かい, 白山比咩 (しらやまひめ) 神社にお参りして, 参道の「おはぎ屋」で昼食をいただきました. 午前中は良い天気でしたが,昼頃から小雨混じりの冷たい風. 末端区間・鶴来―加賀一の宮 (2.1km) の先行きを暗示しているかのようです.

加賀一の宮→中鶴来とひと駅だけ乗って向かった先は, 鶴来の旧町にあるショッピングセンターの2階の立派な大ホール, 「北陸鉄道石川線を考える会」主催のシンポジウム会場です. 開始時刻が近付くにつれ,百人以上の方々でほぼ満席になり, TV・新聞などの報道取材も来られました. 同会の小堀幸穂代表のあいさつに続き, RACDA高岡会員でもある福井ROBA事務局長の清水省吾氏から 「消すな!加賀一の宮駅」と題した基調講演がありました. 清水氏から,近県の鉄道再生の事例報告を踏まえ, 石川線を残すために, 住民・行政・事業者の協働と,住民による「乗って支える」態度表明, の重要さが示されました. この後,金沢LRTの谷内昭慶代表の司会で約1時間ほど, 参加者からの質問やコメントが寄せられ, 残すための住民の取り組みについて方向性が固まったものと思います. 今から8ヶ月以内に,残そうとする地元の強い決意を示し, 鉄道再生事業の法定協議会を立ち上げることで, 廃線に待ったをかけることができるか,注目したいと思います.

この後,小柳駅の山水園で懇親会が開かれたと聞きますが, 私は早めに帰ったので,状況は不明です. ご存知の方は,コメントをお寄せ下さい.

090211a
加賀一の宮駅
講師の清水省吾氏
090211b
シンポジウム会場
鶴来 レッツホール
(09/02/12 KG小林)

--

|

« 北陸鉄道石川線 応援ツアー | トップページ | 第12回総会のお知らせ »

コメント

(MLの善光氏のメールから抜粋)
石川線応援ツアーに参加下さった皆様、お疲れ様でした。
懇親会は、ラクダから10名、鶴来から活発に活動されている7名の参加がありました。何でも気軽に話が出来る方々ばかりで、楽しく交流出来たと思います。
その後、4名がそのまま宿泊し、翌朝2時間ほど、鶴来の街めぐりにご案内しました。上市の大岩不動とよく似た一閑寺不動、鶴来の町名の由来になったらしい金剱宮、街なかの不動滝、鶴来別院、火伏不動、古い町並みを回り、考える会代表が経営の小堀酒造で甘酒を頂き、中鶴来から電車で帰りました。
鶴来にはまだまだ見どころがたくさんあります。改めて皆で行きたいですね。

投稿: 善光 / KG小林 | 2009/02/15 04:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北陸鉄道石川線 応援ツアー | トップページ | 第12回総会のお知らせ »